【ワーママ】入社6年目時短総合職ママのリアルな立ち位置と本音

Uncategorized

こんにちは!ぽむぽむちゃんです。私は子どもを一人育てながら、時短で働いています。

今回の記事では、入社6年目の総合職で働くワーママが、職場でどのような立ち位置にいて、どのような思いで働いているのか、お伝えいたします。

「結婚や出産を考えているけど、キャリアを捨てたくない」「実際のところワーママってどんな感じ?」と考えている、中堅のOLさんの参考になれば嬉しいです♡また、同じような中堅社員のワーママさんと情報交換出来たらと思っています。

どうぞお付き合いください。

私の仕事について

本題に入る前に、私の仕事や職場環境について簡単にお話いたします。

  • 入社6年目総合職(転勤あり)
  • 本社はカレンダー通り、現場はシフトで働いている(どちらもデスクワーク)
  • 私は現場で勤務
  • 産休・育休を取得したママは多く、理解のある職場

ざっとですが、こんな感じ。

育休で長期に渡ってお休みしていた方を見てきたし、時短で勤務しているママも多くいます。

ただ、私の知る限りでは、キャリアを積んだ方が育休を所得しているような印象が強く、私のような新卒4年目で産休に入るような人はいませんでした。

現に産休に入る4年目の時点では同期25人中、結婚しているのは私を含めたった2人。(これはいくらなんでも少なすぎないか?)

仲良くしている先輩でも結婚している方は入社6年目以上。

簡単にまとめると、働くママは多いとは言え、30半ば~の方が多く、20代半ばで出産する人はなかなかレア。会社が大きく把握しきれてないだけだと思うけど、私の知る限りいない。ある程度キャリアを積んだ方は、自分の戻る席がある。私は入社4年目で産休に入ったので、自分の戻る「場所」は確約されていない。そんな感じでした。

復職してみて正直なところ…

上記で述べたような環境で私は産休に入り、約1年のお休みをいただき、復職しました。復職して約半年経過(って言っても4月中旬~5月末まで自宅待機中)したところで、働いていて感じる正直な思いと、若手のワーママはどのような立ち位置にいるのかお伝えいたします。

ネガティブなことばかりになってしまいますが、あくまでも私の例ですので、ご参考程度に♡

今後のキャリアが見えない

復職してからずっと感じているのはこれ。

まだまだ若手社員である入社4年目で子どもを産み、戻ってきた今、自分の明確なポジションがありません。スキルや経験がなさ過ぎた…というところです。もちろんそんな状況になることは承知の上で子どもを産みましたが、内心なんとかなるだろうと、甘く考え過ぎていたのかも知れません。

私以外のメンバーは土日も関係なく、シフトで働いています。

そんな状況の中、土日休みで時短で働いている私は自分の出来ることに限界を感じることが多々あります。

この先、私はこの会社で何が出来るのか、どのようにキャリアを積んでいくのか、上手く思い描くことが出来ないでいます。

単調な業務が多くなりモチベーションが続かない

出産する前と比べ、任される仕事は単調なものが多くなりました。今後のキャリアが見えないし、仕事は単調なものが多いし…で、仕事に対するモチベーションががくんと下がっています。

どんなに小さなことでもいいので、頑張る理由を見つけ働こうと思っていますが、時短でお給料も下がってしまっており、そこでも気持ちが下がる。

時短でお給料がカットされることも分かっていましたが、実際に直面すると、やはり気持ちは下がります…。

こういうのが「マミートラック」っていうやつですね。

単調な業務に加え、業務量がびっくりするくらい減りました。これは有難いことでもあるのですが、元々バリバリ働いていた身としては、とまどうこともあります。

参考までに産休前のスケジュールと復職後のスケジュールを載せます。

産休前のスケジュール
復職後のスケジュール

復職後は業務量が少なく、わざわざスケジュール帳へ記入していないこともあるのですが、大幅に減りました。

なんといっても家事育児との両立は大変

これは想像以上でした。

片道45分かけて出勤。仕事を終え、子どものお迎えに行ったら、すぐに子どものご飯、お風呂、寝かしつけ、明日の準備。夫の帰りは遅いので、全部ひとりです。

自分の自由時間はあまり多く取れないので、そういった意味ではストレスがたまることも。

でも子どもの寝顔はかわいい。

自分はどんなに忙しく大変でも、子どもに罪はない。

周囲の理解には感謝

色々とネガティブなことばかり述べましたが、最後にポジティブなことも。

仕事を急に休むこともあるし、早退することもある、それでも職場のメンバーは理解してくれ、仕事をカバーしてくれています。

親子共々アデノウイルスにかかり2週間ほど会社を休んだときも、今回の自宅待機でも。

これは本当に職場によるとしか言いようがないのですが、職場環境には非常に恵まれていると感じます。

自分の限られた時間の中で、自分の出来る範囲で、会社に貢献したいなと思ったり。(社畜…。笑)

働く環境としては申し分ありません。

まとめ

つらつらとネガティブなことを書き連ねてしまいましたが、正直これが私の本音です。

このような本音が、”自分の「思い」を形にして、「誰かに届ける」ブログを始めてみた”きっかけのひとつでもあります。

仕事でやりたくても出来ない(やるのが難しくなった)ことを、プライベートの時間にってところでしょうか。

話が脱線してしまいましたが、若手総合職ママの立ち位置と本音をまとめると、

  • 任される仕事は単調なものになり、業務量はがくんと減少
  • 「今後のキャリアが思い描けない」など、マミートラックにはまる
  • 働く環境や周囲の理解は想像以上に恵まれている

この記事を読んで下さったあなたの参考になったら嬉しいです!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。少しでも役に立った!や、なるほど!と興味を持ってくださった方は、またぜひブログを見に来てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました